FANDOM


上杉 義憲(うえすぎ よしのり)とは、日本の人物。約2名ほど存在する。

  1. 佐竹義仁 : 初名は「上杉義憲」、別称は義人、幼名は龍保丸。藤原北家勧修寺流上杉家の庶家の上杉氏(山内上杉家)の当主の上杉憲定の次子、憲基の弟、義俊義従)・上杉実定[1]・上村義倭(南義倭)・小野岡義盛(小野義盛)・義経の父。陽成源氏河内源氏)流佐竹氏常陸源氏)の最後の当主(第11代目)である佐竹義盛の婿養子となり、これによって源姓佐竹氏は断絶し、藤姓佐竹氏の祖となった彼が初代当主となった。その際に藤姓佐竹氏の当主が台頭したことに憎悪した源姓佐竹氏の庶家である山入与義(佐竹上総入道)らが反乱を起こし、義仁の生家でもある上杉氏(山内上杉家)の介入も絡んで、常陸国北部は内訌のために大混乱に陥っていった。
  2. 上杉吉憲(うえすぎ きちのり) : 初名は「義憲」。陽成源氏(河内源氏)流足利氏下野源氏)一門の吉良氏三河源氏)の当主である吉良義央(上野介)の孫、上記の上杉氏当主の上杉綱憲(景倫)の子、吉良義周・勝周・勝延の兄、宗憲・宗房・畠山義紀・重定兄弟の父、勝熙・治広・勝定・定興(内藤信政)兄弟[2]の祖父、斉定・勝義兄弟[3]の曾祖父。彼の系統(上杉吉良家)が血統的に吉良氏嫡流を保ち続けて、現当主の邦憲の代に至っている。

脚注編集

  1. 義仁の従兄である関東管領の上杉憲実の養子。
  2. いずれも宗憲の子。
  3. いずれも勝熙の子。

関連項目編集