FANDOM


三河賀茂氏(みかわかもし)とは、三河国における賀茂氏一門で、約3系統ほどある。

  1. 松元氏 : 賀茂郡松元郷(現在の愛知県豊田市挙母町)を本拠地とする。信重・信武父子の代で断絶した。以降は信重の女婿である陽成源氏河内源氏)流新田氏上野源氏)一門の世良田氏の血筋を引く松平親氏三河源氏松平氏/徳川氏の祖)がその後を継いだ。
  2. 本多氏 : 賀茂郡本多郷(現在の豊田市足助町)を本拠地とする。賀茂助兼(右馬允秀豊の子)を祖として、光助・助俊・助清・助家・助満・助忠と世襲を経て、助忠の子の助秀の代に本多氏と称したのにはじまる。以降は松平氏(徳川氏)の譜代として繁栄することになった[1]
  3. 三河榊原氏足利氏下野源氏)一門の源姓榊原氏(伊勢源氏)の当主である榊原勝長[2]の娘[3]が三河賀茂氏の一門である賀茂和徳に嫁いで、和徳が勝長の婿養子となり、榊原長政と改称して、その家祖になったという[4]徳川家康に仕えた榊原康政(小平太)は長政の次子である。この榊原氏は譜代大名として、江戸時代には繁栄した。

脚注編集

  1. 後世に本多氏は藤原北家二条兼家の後裔と仮冒した。
  2. 仁木尚将(貞長)の孫、利長の子、清長の父、氏経の祖父。
  3. 生母は道家氏。
  4. 「按ずるに、清長の二子を長政という。その子康政・実に徳川氏四天王の一たり。今藩翰譜、諸家系図によるに、一志郡榊原の住人七郎右衛門清長・三河に移る。康政は天文17年(1548年)、同地に生まると記す。しかれども北畠国永家集に『長政・永禄8年(1565年)没す……』と載す。また遺響(勢陽五鈴遺響)に『長政の弟を左京進とす。その子八左衛門あり。左京は富田氏に、八左は藤堂氏に仕ふ』と記す。よりて考うるに、清長の三河に移る年月日疑いなきに非ず。あるいは康政のごとき、本州に生まれしには非ざるか、しばらく此に付記す」(『伊勢名勝志』一志郡榊原城条)

関連項目編集