FANDOM



三国志の構図

三国時代の勢力図

三国志(さんごくし)とは、中国の史書である。日本では絶大の人気を誇る。3世紀後半に(蜀漢)の旧臣で(西晋)の官吏の陳寿が著したものである。

主に(曹魏)の曹操(孫呉)の孫堅[1]、蜀(蜀漢/季漢)の劉備によって割拠された後漢末~西晋初の間の三国時代を記した歴史書である。

概要 編集

著者の陳寿は蜀漢の部将の陳式の孫[2]で、父は馬謖の参軍だった陳某である。陳寿の父が街亭の戦いで諸葛亮に敗戦の責任で髪を断髪される刑[3]を受けたため、陳寿は怨んだという[4]が、彼は諸葛亮を称える『諸葛亮集』を書いているので、誤りである[5]

簡潔に述べるが、蜀漢が鍾会鄧艾によって滅び、降伏した後主懐帝)・劉禅一行は洛陽に連行された。師の譙周とともに陳寿も同伴した。やがて友人の羅憲の推挙で、陳寿は魏から簒奪した晋(西晋)の官吏となり、世祖武帝司馬炎に仕え、勅命で『魏書』『呉書』『蜀書』などをまとめた史書の編集に取り掛かった。

しかし、の史料は豊富だが、蜀漢の史料が極端にとぼしいため、陳寿は頭を抱えて苦慮した挙句に「どうせ私の母国の蜀漢の史料が乏しいなら、魏と呉の史料も思い切り簡潔にしてしまえ」と言った。それをの学者で儒学者でもある陳澧(ちんれい、字は蘭甫)が自著『東塾読書記』内の「論三国」にて「陳寿は蜀漢贔屓である。だから三国志は簡潔すぎて面白味が足りない」と、陳寿のことを批評している[6]

そのため、宋漢(劉宋)の裴松之太祖文帝・劉義隆の勅命で、記述が乏しい『魏書』『呉書』『蜀書』などをまとめた史書を『三国志』と称して、その内容を充実するために、多様性に富んでいる三国時代の伝承・地方史などの野史などの史料を注釈としてまとめている。同時に裴松之個人の辛口コメントの感想もおまけつきである。

列伝 編集

魏書 編集

  1. 武帝紀 : 武帝太祖
  2. 文帝紀 : 文帝太宗/世祖/高祖
  3. 明帝紀 : 明帝烈宗
  4. 三少帝紀 : 斉王芳(邵陵厲公)・高貴郷公髦元帝(陳留恵王)
  5. 后妃伝 : (前孝武劉皇后)・(後孝武丁皇后)・武宣卞皇后・文昭甄皇后・文徳郭皇后・明悼毛皇后・明元郭皇后
  6. 董二袁劉伝 : 董卓李傕郭汜張済楊奉袁紹袁譚袁尚袁術劉表
  7. 呂布臧洪伝 : 呂布張邈臧洪
  8. 二公孫陶四張伝 : 公孫瓚陶謙張楊公孫度公孫康公孫恭公孫淵張燕張繍張魯
  9. 諸夏侯曹伝 : 夏侯惇夏侯淵曹仁曹洪曹休曹真曹爽夏侯尚夏侯玄
  10. 荀彧荀攸賈詡伝 : 荀彧荀攸賈詡
  11. 袁張涼国田王邴管伝 : 袁渙張範張承涼茂国淵田疇王修邴原管寧
  12. 崔毛徐何邢鮑司馬伝 : 崔琰毛玠徐奕何夔邢顒鮑勛司馬芝
  13. 鍾繇華歆王朗伝 : 鍾繇華歆王朗王粛
  14. 程郭董劉蒋劉伝 : 程昱郭嘉董昭劉曄蒋済劉放孫資
  15. 劉司馬梁張温賈伝 : 劉馥司馬朗梁習張既温恢賈逵
  16. 任蘇杜鄭倉伝 : 任峻蘇則杜畿鄭渾倉慈
  17. 張楽于張徐伝 : 張遼楽進于禁張郃徐晃朱霊
  18. 二李臧文呂許典二龐閻伝 : 李典李通臧覇孫観文聘呂虔許褚典韋龐悳龐淯閻温
  19. 任城陳蕭王伝 : 曹彰曹植曹熊
  20. 武文世王公伝 : 曹昻曹鑠曹沖曹據曹宇曹林曹袞曹玹曹峻曹矩曹幹曹上曹彪曹勤曹乗曹整曹京曹均曹棘曹徽曹茂曹協曹蕤曹鑑曹霖曹礼曹邕曹貢曹儼
  21. 王衛二劉傅伝 : 王粲衛覬劉廙劉劭傅嘏
  22. 桓二陳徐衛盧伝 : 桓階陳羣陳矯徐宣衛臻盧毓
  23. 和常楊杜趙裴伝 : 和洽常林楊俊杜襲趙儼裴潜
  24. 韓崔高孫王伝 : 韓曁崔林高柔孫礼王観
  25. 辛毗楊阜高堂隆伝 : 辛毗楊阜高堂隆
  26. 満田牽郭伝 : 満寵田豫田予)・牽招郭淮
  27. 徐胡二王伝 : 徐邈胡質王昶王基
  28. 王毋丘諸葛鄧鍾伝 : 王淩毋丘倹諸葛誕文欽唐咨鄧艾鍾会
  29. 方技伝 : 華佗杜夔朱建平周宣管輅
  30. 烏丸鮮卑東夷伝 : 烏桓烏丸[7]鮮卑[7]扶余(夫余)[8]高句麗[9]沃沮(東沃沮)[10]挹婁[11][12]

呉書 編集

  1. 孫破虜討逆伝 : 孫堅烈祖/武帝)・孫策高祖/桓帝/長沙桓王)
  2. 呉主伝 : 孫権太祖/大帝
  3. 三嗣主伝 : 孫亮(会稽哀王)・孫休景帝)・孫皓後主/帰命煬公)
  4. 劉繇太史慈士燮伝 : 劉繇太史慈士燮
  5. 妃嬪伝 : 呉夫人(武烈皇后)・喬夫人(孝桓皇后)・謝夫人・徐夫人・歩夫人(練師歩皇后[13])・王夫人(大懿王皇后)・王夫人(敬懷王皇后)・潘夫人(潘皇后)・全夫人(全皇后)・朱夫人(朱皇后)・何姫(昭献何皇后)・滕夫人(滕皇后)
  6. 宗室伝 : 孫静孫賁孫輔孫翊孫匡孫韶孫桓
  7. 張顧諸葛歩伝 : 張昭張承張休顧雍顧譚諸葛瑾歩騭
  8. 張厳程闞薛伝 : 張紘張玄厳畯程秉闞沢薛綜
  9. 周瑜魯粛呂蒙伝 : 周瑜魯粛呂蒙
  10. 程黄韓蒋周陳董甘凌徐潘丁伝 : 程普黄蓋韓当蒋欽周泰陳武董襲甘寧凌統徐盛潘璋丁奉
  11. 朱治朱然呂範朱桓伝 : 朱治朱然朱績呂範呂拠朱桓朱異
  12. 虞陸張駱陸吾朱伝 : 虞翻陸績張温駱統陸瑁吾粲朱拠
  13. 陸遜伝 : 陸遜陸抗
  14. 呉主五子伝 : 孫登孫慮孫和孫覇孫奮
  15. 賀全呂周鍾離伝 : 賀斉全琮呂岱周魴鍾離牧
  16. 潘濬陸凱伝 : 潘濬陸凱
  17. 是儀胡綜伝 : 是儀胡綜
  18. 呉範劉惇趙達伝 : 呉範劉惇趙達
  19. 諸葛滕二孫濮陽伝 : 諸葛恪滕胤孫峻留賛孫綝濮陽興
  20. 王楼賀韋華伝 : 王蕃楼玄賀邵韋昭(韋曜)華覈

蜀書 編集

  1. 劉二牧伝 : 劉焉劉璋
  2. 先主伝 : 先主烈祖穆(繆)帝
  3. 後主伝 : 後主懐帝、安楽郷(県)思公)
  4. 二主妃子伝 : (先主寇(鴻)皇后)・昭烈甘皇后皇思夫人)・孝穆(繆)呉皇后敬哀張皇后張皇后(孝懐張皇后)・魯王永(永楽郷烈侯)・安平悼王理(武邑侯)・皇太子璿(梁王/王太子)
  5. 諸葛亮伝 : 諸葛亮
  6. 関張馬黄趙伝 : 関羽張飛馬超黄忠趙雲
  7. 龐統法正伝 : 龐統法正(田正、陳正)
  8. 許麋孫簡伊秦伝 : 許靖麋竺孫乾簡雍(耿雍)・伊籍秦宓
  9. 董劉馬陳董呂伝 : 董和劉巴馬良陳震董允呂乂
  10. 劉彭廖李劉魏楊伝 : 劉封(甘陵厲王/寇(鴻)太子/臨邑侯)・彭羕廖立李厳(李平)劉琰魏延楊儀
  11. 霍王向張楊費伝 : 霍峻王連向朗張裔楊洪費詩
  12. 杜周杜許孟来尹李譙郤伝 : 杜微周羣杜瓊許慈孟光来敏尹黙李譔譙周郤正
  13. 黄李呂馬王張伝 : 黄権李恢呂凱馬忠(狐篤)・王平(何平)・張嶷
  14. 蒋琬費禕姜維伝 : 蒋琬費禕姜維
  15. 鄧張宗楊伝 : 鄧芝張翼宗預楊戯

三国志演義の作成 編集

後世の末~初の羅貫中(羅本)と言う人が、南宋期の通俗講談書の『三国志平話』と上記の三国の伝承・地方史などの野史と『後漢書』も含め参照した、自己満足?ともいえるパロディの『三国志演義』を作成している。

脚注 編集

  1. 実際は次男の孫権が建国した。
  2. 明代の『葉逢春本』
  3. 髠刑(こんけい)のこと。
  4. 『晋書』陳寿伝
  5. 詳しくは陳寿を参照。
  6. 高島俊男の『三国志_きらめく群像』より。
  7. 7.0 7.1 烏桓と鮮卑は東胡の後身で、トルコ系に属する遊牧民族(『鮮卑族はモンゴル系かトルコ系か』を参照のこと)。若干、ツングース系と混血を成している。
  8. 東胡の後身で、トルコ系を骨子とし、ツングース系と混血した半農半牧民族。
  9. 紀元前37年に扶余を主体にツングース系を骨子として、トルコ系と混血した濊(獩)貊(穢狛)・沃沮などの種族と構成された国。後にに滅ぼされると、ツングース系の靺鞨粟末部と併合して、渤海国を建国した。
  10. ツングース系を骨子として、トルコ系と混血した半農半牧の民族。
  11. ツングース系とオホーツク諸族(古アジア諸族=旧シベリア諸族)と混血した民族。粛慎(後世は女真/女直とも呼ばれる)・勿吉(唐の時代は靺鞨)はその一派にあたる。
  12. または、とも呼ばれ、マライ=オーストロネシア(アウストロネシア)諸族に属する海洋民族という。その一方、「耽羅鮮卑」(または「州胡」(『後漢書』列伝第八十五東夷伝)とも呼ばれ、五胡十六国時代の時流に乗じて朝鮮半島南西部の済州島(耽羅)に進出し拠点とした鮮卑慕容部の一派の末裔や、あるいは東進して鮮卑化したチベット系の羌氐の一首長の後裔という)とも呼ばれ、わが国の最初の大王(おおきみ → 単于・大人・可汗(カーン)と同義語)だった応神天皇仁徳天皇父子が属した部族と言われる(今日の皇室の祖である継体天皇(オホド=ヲホド=オオド単于)は広大な蒙古東端部~朝鮮北部を割拠した扶余(夫余とも呼ばれ、古代トルコ人の白狄鮮虞部(漢風の姓は釐姓で、中山国を建国)・東胡の後身による遺民とツングース系を骨子としてトルコ系との混合民族である穢(獩)貊(濊狛)・沃沮と混血を重ねた遊牧民族)と混じった鮮卑拓跋部の支族である南涼を建国した禿髪部の王族である禿髪破羌(源賀)の末子の禿髪阿毎の系統とされ、彼らがモンゴル高原の東端部~満洲西端部を割拠し、禿髪阿毎の諱を採って、阿毎氏族と称し(『隋書』倭国伝)、漁猟する倭を奴隷にしたという。後に日本に渡ると、拓跋部の北魏(代魏)の中華姓の「元氏」にちなんで、『大化の改新』以降に「原氏」(はる - し)と改姓したという。皇族系の源氏は皇室の姓である「原」に「氵」を入れたことを由来し、日本の古墳時代の大和朝廷の原形となった要因は、鮮卑拓跋部の北魏の世祖太武帝(拓跋燾)が、日本の皇室の遠祖とされる前述の同族である禿髪破羌に対して「汝は、わが拓跋部と源を同じくする同族である。以降から源を姓とせよ」と述べて、「源賀」と改称した事項を基にしたものという(『馬の文化と船の文化』および『古代日本人とトルコ人 (前1200年-5世紀)』)。
  13. 『建康実録』による。

関連項目 編集

外部リンク 編集