FANDOM



Haus der Welfen=Este

ヴェルフェン=エステ家(ヴェルフェン=エステ=ブュッテル家)の紋章

ヴェルフェン家独語:Welfen-Haus)は、南ドイツのバイエルン公で、同時に北ドイツのザクセン公の貴族である。

新ヴェルフェン家(Neu-Welfen)・ヴェルフェン=エステ家(Welfen-Este)と呼ばれる。さらにヴェルフェン=エステ=ブュッテル家(Welfen-Este-Büttel)こと古ブラウンシュヴァイヒ=リューネブルク家(Alt-Braunschwig-Lüneburg)とも呼ばれる。

もともとはカトリックの教徒だったが、唯一家系が在続したグルーベンハーゲン家の歴代君主は16世紀にマルツィン・ルターの影響で、敬虔なプロテスタントとなり、ザクセン選帝侯のヨーハン・フリートリヒ1世寛容公とヘッセン方伯のフィーリプ1世寛大公による『シュマルカルデン同盟』の結成に加担して、筋金入りのカトリックであるハプスブルク家カール5世に対して反乱を起こしたりもした(『シュマルカルデンの戦い』)。

概要編集

イタリアゲルマン系ロンバルディア貴族のオベルテンギ家(Obertenghi-Casa)の分家であるエステ家(Este-Casa、エステ=オベルテンギ家(Este-Obertenghi)ともいう)からヴェルフ1世(エステ辺境伯のアルベルト・アッツォ2世の次男、生母は古ヴェルフェン家のヴェルフ2世の娘・クニグンデ)が男子に恵まれなかった母方の伯父であるケルンテン公・ヴェルフ3世(南ドイツのシュヴァーベン系の古ヴェルフェン家の最後の君主)の後を継いだために、新ヴェルフェン家またはヴェルフェン=エステ家と呼ばれる(以降はヴェルフ1世の子であるヴェルフ2世肥満公ハインリヒ1世黒公の兄弟、その子のハインリヒ2世傲慢公、その子のハインリヒ3世獅子公と続くが、その子のハインリヒ5世オットー4世兄弟の子の代で断絶した)。

ヴェルフェン家は代々、神聖ローマ帝国ザーリアー朝の与党だったが、ヴェルフ2世肥満公・ハインリヒ2世黒公(獅子公の祖父)兄弟の代にローマ教皇派となり、父・ヴェルフ1世の代にバイエルンを与えてくれたハインリヒ3世黒王の子である時の皇帝のハインリヒ4世に対して反乱を起こして、楯突いた。このため皇帝派=ギベリン(Gibellin)と教皇派=ゲルフ(Gelf)の対立と呼ばれた。

歳月は流れ、その一方ヴェルフェン家の忠実な与党であったバイエルン貴族のブュッテル家(Büttel)[1]の直系であるコンラート1世(ルートヴィヒ1世の子)に嫁いだハインリヒ3世獅子公の妹・ゲルトルートの子であるヴィルヘルム1世とその子・オットー1世幼童公を家祖とするヴェルフェン=エステ=ブュッテル家(古ブラウンシュヴァイヒ=リューネブルク家)は獅子公が築いた「ヴェルフェン=エステ家」を相続する形になった。オットー1世の子のアルプレヒト1世ヨーハン1世兄弟が相続して共同に統治した。

1267年の弟・ヨーハン1世の執拗な要請に応じて、アルプレヒト1世は1269年に古ブラウンシュヴァイヒ=リューネブルク家の所領を分割させて、アルプレヒト1世が南部の古ブラウンシュヴァイヒ家のグルーベンハーゲン家およびゲッティンゲン家の祖となり、ヨーハン1世が北部の古リューネブルク家のツェレ家の祖となった。

古ブラウンシュヴァイヒ家=グルーベンハーゲン本家およびゲッティンゲン家(1463年にオットー4世の代で断絶し、姻戚関係にあたるヴォルフォン=エーファーシュタイン家エーファーシュタイン(エーフェルシュタイン)家の分家)のヴォルフェンビュッテル(ヴォルフォンビュッテル)=カーレンベルク公・ヴィルヘルム1世勝利公が相続)とヘルツベルク家(Herzberg)や、古リューネブルク家=ツェレ家(1369年にヴィルヘルム2世の代で断絶した後は、ザクセン系のアスカニアー(アスカン)家のアルプレヒト3世(ヴィルヘルム2世の外孫(娘のエリザーベトの子)、オットー4世の子)が相続した)などが輩出した。

しかし、グルーベンハーゲン本家も1596年にフィーリプ2世の代で断絶し、姻戚関係にあたる前述のヴォルフォン=エーファーシュタイン家のヴォルフェンブュッテル公のハインリヒ・ユリウスが相続し、ついにヴェルフェン=エステ=ビュッテル家の男系は途絶えたのである(ヴェルフェン=エステ家以前のヴェルフェン家は古ヴェルフェン家(Alt-Welfen)と呼ばれる)。

余談として、引き続き前述のヴォルフォン=エーファーシュタイン家(エーフェルシュタイン(エーフェルシュタイン)家、新ブラウンシュヴァイヒ=リューネブルク家)は、ゲッティンゲン家のアルプレヒト2世(1318年没)の女婿で、ザクセン貴族であるエーファーシュタイン家のハーメルン伯・マクヌス1世アルプレヒト3世(アルベルト3世、1135年 - 1197年あるいは1202年)の玄孫、アルプレヒト5世(アルベルト5世)あるいはオットー2世の孫)のを祖とする家系で、断絶した「ヴェルフェン家」の名を転訛して冠した「ヴォルフォン=エーファーシュタイン家」を興した家系であり、マクヌス1世の玄孫のカーレンベルク家のエーリヒ1世がゲッティンゲン公を相続した)。

ヴェルフェン=エステ家(新ヴェルフェン家)編集

バイエルン・ザクセン系編集

ライン=プファルツ系編集

ヴェルフェン=エステ=ブュッテル家編集

ブュッテル家[1]編集

古ブラウンシュヴァイヒ=リューネブルク家編集

古ブラウンシュヴァイヒ家編集

グルーベンハーゲン家編集

ゲッティンゲン家編集

ヘルツベルク家編集

古リューネブルク家編集

ツェレ家編集

脚注編集

  1. 1.0 1.1 語源は「家屋敷」あるいは「庭園」の意味をさす。

関連項目編集