FANDOM


Förschtatum Liachtaschta

リヒテンシュタインの国旗

リヒテンシュタイン侯国独語:Fürstentum Liechtenstein, アレマン語:Förschtatum Liachtaschta[1])は、中央ヨーロッパに位置するドイツ語圏の南部にある南シュヴァーベン地方南部とバーデン地方南部の境目に立憲制中立国である。

通称は「リヒテンシュタイン」で、言語コードは「FL」で、EU(欧州連合)圏には属していない。通貨・金貨はスイスフラン[2]と表記される。

現在はスイス連邦の経済的援助を受けて結びつきが密接で、両国の国境ではパスポートが必要がない[3]。かつてはオーストリアの属国だったが、現在でも歴史的経緯から両国の結びつきはかなり強い。

概要編集

リヒテンシュタインは「侯爵」が治める国ということで「侯国」と表示する[4]日本人の間では、「切手大国」または『アルプス少女ハイジ[5]の舞台のイメージが強い。

国歌は『若きライン川上流に』[6]である。リヒテンシュタインの語源は、12世紀にドイツ系ボヘミアチェコ)貴族のシュヴァルツェンベルク家のハインリヒという人物がオーストリア東部のウィーンの南方にある「リヒテンシュタイン」地名に城塞を築いたことに由来している[7]

地形・歴史編集

ドイツ南部とは国境になく、東はオーストリア西部のフォアアールベルク州、北と西はスイス東部のザンクトガレン州、南はグラウビュンデン州などに囲まれた位置にある世界で二つしかない二重内陸国の一つである。面積160平方キロメートルと世界で6番目に小さな国(190位)でもある。

かつて、11世紀半ばのの1050年にモントフォールト家(Montfort)が(フォアアールベルク州にある)ブレゲンツ伯(Bregenz)として支配していた。だが、1180年にモントフォールト家の次男で、分家したヴェルデンベルク家(Werdenberg)の開祖のフーゴ1世(Hugo I)は、強欲な性格であり、軍隊を集めて領土拡大を目論んだのである。1182年、フーゴ1世は(同じく、フォアアールベルク州にある)フェルトキルヒ(Feldkirch)までに支配地域を拡大した。

フーゴ1世の長男は、ハイリゲンベルク家(Heilingenberg)と称し、次男はリヒテンシュタインのヴェルデンベルク家を相続し、ザルガンス家(Sargans)と称した。1258年にザルガンス家はシャッテンブルク家(Schattenburg)と称した。歳月は流れ14世紀の1342年にシャッテンブルク家には兄のハルトマン3世(Hartmann III)と弟のルドルフ4世(Rudolf IV)がおり、それぞれ所領争いをした。そのため、兄・ハルトマン3世はライン川右岸を支配し、ファドーツ(ファドゥツ)家(Vaduz)の開祖となり、弟・ルドルフ4世はライン川左岸を支配し、再びシャッテンブルク家からザルガンス家およびシェーレンベルク家(Schellenberg)と称した。

一方、14世紀の1380年にはオーストリア西部を支配したモントフォールト本家およびハイリゲンベルク家には男系が途絶え、オーストリア中部・東部を支配した神聖ローマ帝国ハプスブルク家がオーストリア西部のブレゲンツおよびフェルトキルヒなどに乗り込んで支配するようになった。1416年、ファドーツ家およびザルガンス家(シャッテンブルク家=シェーレンベルク家)に嗣子がないため、ついに11世紀半ばから続いたモントフォールト家の全系統は断絶し、こうしてハプスブルク家がリヒテンシュタインも含めてすべて支配するようになった。

15世紀に、ハプスブルク家の臣下である男爵のブランディス家(Brandis)がリヒテンシュタインを支配して、シェレンベルク家(Schellenberg)と称した。しかし16世紀の1510年になると、ブランディス家ことシェレンベルク家の最後の女性君主のフェレーナ(Verena、“女爵”?)以外に男系の嗣子がいないため、彼女の姪婿(姉妹の女婿)のブレゲンツ伯爵のズルツ家(Sulz、またはズルツバハ家(Sulzbach))のルドルフが相続した。1583年にズルツ家の最後の君主であるカール・ルートヴィヒはファドゥツとシェレンベルクの爵位を相続した。しかし、1613年に女婿であるホーエネムス家(Hohenems)のカスパー(Kasper)が相続した。

しかし、当時はハプスブルク家やバイエルン侯のヴィッテルスバハ家が筋金入りのカトリックだったために、カルヴィン派[8]のプロテスタントであるブランデンブルク侯のホーエンツォレアン家(ホーエンツォレルン家/ホーエンツォラーン家)やルター派(Luther)のプロテスタントであるザクセン侯のヴェッツィン家(ヴェッティン家/ヴェッチン家)などのカトリックとプロテスタントの宗教対決が激化し、深刻な30年戦争を引き起こし度重なる疲労や、魔女裁判による廃退的な行為が増大した。

その影響を受けて、財産圧迫に陥ったホーエネムス家のオーロイス(Åloi(y)s)は、1699年にオーストリア東部のウィーン付近のニーダーエスターライヒ[9]をブレゲンツ伯(ホーエネムス家)に売却し、最終的には、ドナウ川(ドナォゥ川)上流流域付近を統治したリヒテンシュタイン家[10](ハプスブルク家の臣下)がリヒテンシュタインを買収して、現在にいたっている。

Schaan

リヒテンシュタイン国内にあるシャーン(Schaan)駅

近年の状況編集

現在はリヒテンシュタイン家が強大な権限を持つ君主国であり、一院制の議会を有している議院内閣制を採っており、議員は国民の直接選挙でえらばれる。議員の任期は4年で全25議席である。

同時にリヒテンシュタイン家は、かつてヒトラー率いるナチスが台頭したことによって、第二次世界大戦時の1939年に君主大権によって議会の総選挙を無期限延期した。そのためにナチスの勢力拡大を防いだとして、欧米諸国から評価されて大権を保持している正当性を裏付けるものとしている[11]

政治編集

元首は国家の君主である侯で、リヒテンシュタイン家の当主による男子世襲制で、欧州他国の君主が象徴・儀礼的存在であるのに対して強大な政治的権限を有している。そのため「ヨーロッパ最後の絶対君主制」と言われる事もあるが、立憲政治・法の支配が確立されており、立憲君主制に分類することもある。またEU諸国と同様、国民の市民的自由は充分に保障されている。

議会は一院制で、「ラントターク」(「Landtag」、リヒテンシュタイン国会)と称する。議員定数25、任期4年、解散権あり。選挙は、複数投票制と比例代表制を組み合わせた直接選挙で行なわれる。女性参政権が認められたのは、世界的に見ても遅い1984年である。

議院内閣制を採用している。行政府(リヒテンシュタイン公国政府)の長である首相は議会の第一党党首が公によって任命される。また、副首相には第二党の党首が任命される。政党は『リヒテンシュタイン進歩市民党』(Fortschrittliche Bürgerpartei in Liechtenstein)と『祖国連合』(Vaterländische Union)がリヒテンシュタインの二大政党である。

法律は歴史的経緯から、民法がオーストリアの民法が基本となっており、刑法はスイスの刑法を基本としている[12]。死刑制度はすでに廃止されている。

軍事編集

外交と同じく、1919年の合意によって、スイスがリヒテンシュタインの防衛を担当している。リヒテンシュタインは独自の軍事力を持たず、100名ほどの警察官が駐在している。

国際関係編集

1919年のスイスとの合意に拠り、CoE(欧州評議会)以外においてはスイスがリヒテンシュタイン利益代表を務める。

なお、かつてリヒテンシュタインはチェコとスロバキアに対して国家としての承認をするのを拒否してきた。これは1945年に、当時のチェコスロバキア政府が同国領内のドイツ系およびハンガリー系マジャール人)住民のチェコスロバキア国籍を剥奪のうえ私有財産を没収した(ベネシュ布告)ことに対して、チェコに領地を持っていたリヒテンシュタインはこの措置を違法行為とみなし、同国を国家承認しなかったことによるものであった。その後、2009年にリヒテンシュタインとチェコとの間で外交関係を開設することが発表された。また同年12月9日にはスロバキアとの間でも外交関係が開設されることも発表された。

また、オランダのオラニエ・ナッサウ家[13]イギリスのヴィンザー家とスペインのスペイン・ブルボン朝[14]モナコのモナコ家[15]および、日本の皇室[16]とも外交的に交流がある。

気候編集

ドイツ#気候を参照のこと。

国家構成編集

  • 首都はファドーツ(人口は7.000人ほど)
  • 人口は41.133人(そのうち移民が40%ぐらい)
  • 民族構成 : ドイツ系西アレマン人であるバーデン人[17]に属するリヒテンシュタイン人・イタリア系トルコ系など
  • 言語 : 上部ドイツ語に属するアレマン語の系統のうち最高地アレマン語に属するリヒテンシュタイン方言と、おなじく最高地アレマン語に属し、古バーデン語系の名残りがあるヴァルザー(ヴァリス)系のトリーゼンベルク方言・イタリア語トルコ語英語など
  • 宗教 : カトリック78%、プロテスタント14%、イスラム教8%
  • 建国記念日 : 8月15日
  • 国家形態 : 4年任期、25人の議員から成る立憲君主国
  • 国家元首(摂政) : ハンス・アダム2世
  • 首相 : アトリアン・ハスラー
  • 政府 : 首相をはじめとする5人の閣僚による構成制度
  • 面積 : 160平方キロメートル(北部を除いて大部分が山岳地帯)
  • 産業構成 : 第1次(1.5%)、第2次(46%)、第3次(52.5%)
  • 位置
    • 北 : 北緯(48度)西 : 東経(10度)南 : 北緯(47度)東 : 東経(9度)
    • 国境線 : スイスと41.1km、オーストリアと34.9km
    • 標高の最高地点 : グラウシュピッツ山(2.599m)
    • 標高の最低地点 : ルッゲル(430m)

行政構成編集

ゲマインデ(Gemeinde)と呼ばれる11区分の地方自治体で成っている。

  1. ファドーツ(Vaduz)
  2. トリーゼン(Triesen)
  3. バルツェアス(Balzers)
  4. トリーゼンベルク(Triesenberg)
  5. シャーン(Schaan)
  6. プランケン(Planken)
  1. エシェン(Eschen)
  2. マウレン(Mauren)
  3. ガンプリン=ベンデアン(Gamprin-Bendern)
  4. ルッゲル(Ruggel)
  5. シェーレンベルク(Schellenberg)

経済編集

リヒテンシュタインの主要な産業は精密機械・牧畜と医療。ほかに観光・国際金融と前述の切手発行もよく知られている。スイスとの関税同盟があり、郵便や電話の制度はスイスと共通となっている。

タックス・ヘイヴン」(租税回避地)の国としても知られ、税金免除を目的とした外国企業のペーパーカンパニーも集中しており、人口より法人企業数が多いと言われる。これら人税が税収の40%に及び、この結果、一般の国民には直接税[18]が免除されている。

近年はEUとの課税に関する条約に調印し、EU市民の預金については利子課税がなされることになった。これらの預金者の情報は、相手国に通知しないで一括して課税分がリヒテンシュタインから支払われることになっており、「銀行守秘義務」は維持されている[19]

同時にリヒテンシュタインはOECD(経済協力開発機構)が指名する「非協力的タックス・ヘイヴン・リスト」に掲載されている7カ国のひとつである[20]

リヒテンシュタインの企業のランク順編集

リヒテンシュタインの大手企業はグローバル展開による規模が大きいのが特徴である。

  1. ヒルティ(Hilti)[21]
  2. エリコンバルツェアス(Ö(Oe)rlikon Balzers)[22]
  3. イボクラー(Ivoclar)[23]
  4. ノイトリック(Neutrik)[24]
  5. プレスタ(Presta)[25]
  6. ヒルコーナー(Hilcona)
  7. ホバール(Hoval)[26]
  8. オスペルト(Ospelt)[27]

リヒテンシュタイン方言の特徴編集

リヒテンシュタインのうちトリーゼンベルクのみ第二次子音推移を経ていない古ドイツ語の系統で、アレマン語化した最高地アレマン語の一言語であるヴァルザー(Walser)語を使用するバーデン系の住民が1300年ごろに南スイスのヴァリス州(Wallis)東部から移住した。

同じく、最高地アレマン語の系統のリヒテンシュタイン語は、第二次子音推移を経ているので、ヴァルザー語とはやや異なる言語である。

たとえば、「侯爵は我々の父である」を比較表現すると…

  • 標準ドイツ語 → Der Fürst ist unser Vater(デーア フュィースト イスト ウンザー フィァーター)
  • ヴァルザー系トリーゼンベルク方言 → Der Förscht ischt üser Vatter(デー フォェーアシュトゥ イシュトゥ ウィーゼア フィァッテア)
  • リヒテンシュタイン方言 → Der Förscht ischt üser Vatter(ダー フォェアーシュツ イシュツ ユィーザー フィァッター)

となり、ヴァルザー系トリーゼンベルク方言はリヒテンシュタイン方言はもとより、標準ドイツ語との語差の隔離があるので、会話や発音が通じないことが多い。

脚注編集

  1. フィオェアシュタツーム・リアーハタシュタ」と発音される。
  2. 現地のアレマン語はシュヴィーツァー・フランケ=Schwiizer Frankeバイエルン語はシュヴァイツァー・フロンクン=Schweizer Frånkn、それ以外のドイツ語はシュヴァイツァー・フランケン=Schweizer Frankenとなる。
  3. ただし、スイス連邦の各州のカントン(Kanton)に連盟はしておらず、独自で国家を運営している。
  4. 日本の地理関連の書籍では「公国」と表記されているが、これは「Herzog」(ヘアツォーク、※ 元来は侯爵の意味で、名詞の「Her」(ヘア:軍隊)+動詞の「Zien」(ツィーン:引っ張って移動させる)が合成して出来上がった単語)であり、侯国を意味する「Fürstentum」(フュィアステントゥム)とは異なる。
  5. 実際はスイス東部グラウビュンデン州マイエンフェルト(Maienfeld)の民話であり、名前のHeidiAdelheid(アーデルハイト)の短縮形)は、低地ドイツ語では「ハイディ」、標準ドイツ語では「ハイデー」となるが、現地方言のうちアレマン語系に属するシュヴァーベン語の系統のリヒテンシュタイン方言では「ホイデェ」、スイスの古バーデン語系(非アレマン語系)に属するヴァルザー語の系統のトリーゼンベルク方言(第二次子音推移を経ていない古ドイツ語の一派)では「ヒーデェ」と表記する。
  6. スイス東部のウーリ州からリヒテンシュタイン南部のバルツェアスに赴任していたスイス人である神父のヤーコプ・ヨーゼフ・ヤウホもしくはヤォゥフ(Jakob Josef Jauch(1802年 - 1859年)であり、現地のリヒテンシュタイン方言では「ヤーコプ・ヨーゼィフ・ユーフ」と表記)が、1850年に作詞したもの。
  7. 「リヒト」は「光」や「明るいもの」という意味で、「シュタイン」は本来は「石」の意味だが、その一方「石の塊」や「山城」を意味することもある。要するに、「リヒテンシュタイン」の語源は「明るい城塞」ということになる。
  8. KalvinCalvinフランス語の「カルヴァン派」)と表記される。
  9. Nieder Öster Reich(アレマン語表記は、ニーダーオェシュツリーヒ=Nider Öscht riich
  10. リヒテンシュタイン家の遠祖はドイツ南部のシュヴァーベン地方のドナウヴェルト(ドナォゥヴェアト)の名門貴族出身であるフーゴがリヒテンシュタイン城主であるシュヴァルツェンベルク家の娘・ハデリヒと結婚して、その女婿として相続しリヒテンシュタイン家の家祖となったことから始まる。
  11. 実際にはリヒテンシュタインにも、ナチスを崇拝する右翼の「リヒテンシュタイン・ナチ」がスイスの「スイス・ナチ」とともに存在したようである。
  12. 植田『ミニ国家 - リヒテンシュタイン侯国』131頁
  13. ドイツ中部の貴族のナッサウ家の分家。
  14. スペイン・ブルボン家とも。フランス王国のブルボン朝(ブルボン家)の分家。
  15. フランス系貴族。
  16. 皇室の姓は原氏(はる-し)。
  17. 東アレマン人はシュヴァーベン人と呼ばれる。
  18. 所得税・相続税・贈与税など。
  19. 同様の銀行守秘義務を維持している国は、欧州ではスイス・モナコ・サンマリノなどがある。
  20. 外務省 : OECD有害税制プロジェクト(非協力的タックス・ヘイヴン・リストの公表) - 3. 上記2. の国・地域のうち、2005年末までの透明性の確保及び実効的税務情報交換の実施を約束せず、2002年4月18日に発表された「非協力的タックス・ヘイブン・リスト」には掲載された国である。
  21. アレマン語系リヒテンシュタイン方言では「ヒルツィ」とも表記される(「ヒルティ」はリヒテンシュタインで見かける姓のひとつ)。
  22. リヒテンシュタイン方言では「オェリコンバルツェアス」、標準ドイツ語は「エリコンバルツァース」、英語では「エリコンバルザーズ」とも表記される。
  23. 「イヴォクラー」とも表記される。
  24. 「ノイトゥリク」とも表記される。業界のプロ専用のオーディオコネクターメーカである。
  25. アレマン語系リヒテンシュタイン方言では「プレシュタ」(Preschta)とも表記される。
  26. 「ホヴァール」とも表記される。
  27. 別称「メッツゲライ」(Metzgerei)とも表記される、またリヒテンシュタイン方言では「オシュペルツ」(Oschpelt)とも表記される(「オスペルト」はリヒテンシュタインで見かける姓のひとつ)。

参考文献編集

  • 『ミニ国家 - リヒテンシュタイン侯国』(植田健嗣/郁文堂/1999年)ISBN 978-4261072310

関連項目編集