FANDOM


Johann Parricida

伯父のアルプレヒト1世を暗殺したヨーハン・パリツィーダ

ヨーハン・パリツィーダ独語:Johann Parricida[1]、1290年前後[2] - 1313年/1320年12月13日?)は、スイス北部のバーデン地方を発祥とするドイツ南部の貴族であるハプスブルク家の一門。添え名(コグノーメン)の「パリツィーダ(Parricida)」[3]は「骨肉殺し」を意味する[4]。なお、上部ドイツ語は「ヨーアン・パリツィーダ」で、中部ドイツ語は「ヨーハン・パリツィーダ」と発音され、低地ドイツ語とでは「ヨーハン・パリチーダ」、オランダ語フリース語では「ヨハン・パリチーダ」、イタリア語では「ジョヴァンニ・パッリチーダ」(Giovanni Parricida)と発音される。

オーストリア公のルドルフ2世とボヘミア(チェコ)のチェコ人貴族のプシェミスル家の王女・アークネス(アネシュカ/アグネス)のとの間の子で、父方の祖父は神聖ローマ帝国(ドイツ王)皇帝のルドルフ1世、母方の祖父にボヘミア王のオタカレル2世(Otakarel II/Otacarel II)を持つ。1308年、伯父の神聖ローマ皇帝(ドイツ王)・アルプレヒト1世を暗殺したことで有名である。

概要 編集

ヨーハンの祖父のルドルフ1世はオーストリアをハプスブルク家が統治することに成功し、1282年に長子のアルプレヒト1世と第3子のルドルフ2世[5]をオーストリアの共同統治者とした。1283年の『ラインフェルデンの契約』(Rheinfelder Hausordnung)で兄のアルプレヒト1世が単独のオーストリア公とされ、ルドルフ2世とその子のヨーハンには代償として、財産もしくは領地の引き渡しが約束された[6]

父のルドルフ2世が没する1290年前後にヨーハンは誕生し、母方のボヘミアのプシェミスル家の宮廷で幼少期を過ごした[2]。その後、ヨーハンは15歳に達するまで伯父のアルプレヒト1世の下で養育され、『ラインフェルデンの契約』で亡父のルドルフ2世が継承する財産・領地は伯父のアルプレヒト1世の管理下に置かれることになった。

数年後にスイスで反乱が激化し、アルプレヒト1世は反乱の鎮圧に向かうため、騎士たちをスイスのアールガウ(Aargau)に召集した[7]。この反乱の鎮圧に従軍する将の中には15歳前後に達したヨーハンが含まれており、ヨーハンは伯父のアルプレヒト1世に『ラインフェルデンの契約』で定められた財産の支払いを請求し続けていた[7]。アルプレヒト1世は甥のヨーハンが分家することで、ハプスブルク家の一門が弱体化してしまうことを恐れており[8]、結果的には甥のヨーハンによる幾度の亡父の財産・領地の返還をあっさりと却下してしまった[8]

ヨーハンは伯父の約束の反故による理不尽な対応にはげしく恨み、4人の近侍とともに伯父のアルプレヒト1世の暗殺を計画した。1308年5月1日に20歳前後となったヨーハンは近侍たちとともに計画を実施して、スイスのロイス川(Reuss Fluss)を渡る伯父のアルプレヒト1世が従者たちと離れたときに、ヨーハンらは伯父のアルプレヒトを襲撃した。最初にヨーハンが伯父に対して、一太刀を浴びせ、次いでにヨーハンの4人の近侍たちがアルプレヒト1世に斬りかかり、ついにアルプレヒト1世は殺害された[7]。これを聞いたアルプレヒト1世の妻のエリザーベト(ゲルツ家)と2人の娘のアンネとアークネス[9]は激怒して、夫と父を殺害した義理の甥かつ従兄弟のヨーハンを主とする暗殺犯たちに厳しく執拗な追及を加えた[4]

その執拗な追及はヨーハンを主とする暗殺犯の家族にもおよび、家族の多くがエリザーベトらによって処刑されたと伝えられている[10]。伯父を殺害したヨーハンは近侍たちとともにアルプス山脈の奥に逃げ込み、行方をくらました[8]。その後のヨーハンの動向は定かではないが、後年にイタリア北部のトスカーナ州のピサ[11]の僧院でヨーハンが発見された伝説が残っている[8]。ヨーハンはピサで神聖ローマ皇帝のハインリヒ7世(ルクセンブルク家)の監視下に置かれ、ハインリヒ7世自らの訪問を受けたと伝えられている[2]。彼の没年は1313年あるいは1320年12月13日とされるが、定かではなく、彼の末裔の有無も不詳である[12]

伯父殺しのヨーハンが暗殺を決行した5月1日は、ハプスブルク家の史上で「暗黒の日」と呼ばれている[13]。以降からヨーハンが暗殺した伯父のアルプレヒト1世の系統であるハプスブルク家の一門中では「ヨーハン」の名は生理的に忌み嫌われて[4]、ハプスブルク家の一門では18世紀半ばのカール6世の代に断絶するまで「ヨーハン」と名付けられる人物はほどんどが皆無であった[7]が、18世紀後半に、カール6世の娘であるマリー・テレーゼロートリンゲン家フランツ・シュテファン1世夫妻を始祖とするハプスブルク=ロートリンゲン家の成立以来は「ヨーハン」と名付けられる人物が登場した[14]

なお、シラーの戯曲である『ヴィルヘルム・テル』(訳:櫻井政隆)では、伯父のアルプレヒト1世を暗殺したヨーハンが「わしは年若い従弟のレオポルト1世(アルプレヒト1世の第3子)がオーストリア公として栄華を極め、同世代である自分が部屋住みという待遇に我慢がならなかったのだ!」と叫んだという形で脚色されている。

脚注 編集

  1. 「ヨーハン・パリツィーダ」はドイツ語とイタリア語を合わせた語彙であり、正確には「ヨーハン・パトリーツィーダー」あるいは「ヨーアン・パトリーツィーダー」(Johann Patrizidar)が正しい。
  2. 2.0 2.1 2.2 1911 Encyclopædia Britannica/John of Swabia(2014年1月閲覧)
  3. 本来の「パリツィーダ」は、イタリア語を起源とする外来語の「パッリチーダ」で、「骨肉殺し」を意味する単語である。
  4. 4.0 4.1 4.2 江村『ハプスブルク家史話』13頁
  5. ルドルフ1世はツォレアン家のホーエンベルク伯・ブルハルト3世の娘のゲルトルート・アンナとの間に、アルプレヒト1世・ハルトマン・ルドルフ・カール1世を儲けた。そのうち、次子のハルトマンは前年の1281年に19歳の若さで早世し、末子のカール1世は1276年に生まれて嬰児のまま夭折した。同時に後妻のエリーザベト・アグネス(カペー朝のブルゴーニュ公のユーグ4世の娘)が産んだアルプレヒト2世もいたという。
  6. ツェルナー『オーストリア史』155頁
  7. 7.0 7.1 7.2 7.3 ウィートクロフツ『ハプスブルク家の皇帝たち』53頁
  8. 8.0 8.1 8.2 8.3 ツェルナー『オーストリア史』160頁
  9. アグネスとも。
  10. ウィートクロフツ『ハプスブルク家の皇帝たち』54頁
  11. 北イタリア語では、ピーザと発音される。
  12. 以降は、ハプスブルク朝#パリツィーダ家(パッリチーダ家/イタリア・ハプスブルク家/ダスブルゴ家)を参照のこと。
  13. 江村『ハプスブルク家史話』12~13頁
  14. マリー・テレーゼの3男であるレオポルト2世の子であるメラン家のヨーハン・バプツィスト・ヨーゼフ・ファビアン・ゼバスツィアン(Johann Baptist Joseph Fabian Sebastian)などが出ている。

参考文献 編集

  • 『ハプスブルク家史話』(江村洋/東洋書林/2004年)ISBN 978-4887216853
  • 『オーストリア史』(エーリヒ・ツェルナー(リンツビヒラ裕美訳)/彩流社/2000年)ISBN 978-4882025801
  • 『ハプスブルク家の皇帝たち』(アンドリュー・ウィートクロフツ(瀬原義生訳)/文理閣/2009年)ISBN 978-4892595912

関連項目 編集