FANDOM


Philipp (Schwaben)

暗殺されるドイツ王(神聖ローマ皇帝)のフィーリプ(ホーエンシュタウフェン朝

フィーリプ・フォン・シュヴァーベン(Philipp von Schwaben, 1178年 - 1208年6月21日)は、ドイツホーエンシュタウフェン朝のドイツ王(神聖ローマ皇帝、在位:1198年 - 1208年)。フリートリヒ1世(ババロッサ)とベアトリクス(ブルゴーニュ女伯)との末子、ハインリヒ6世・フリートリヒ5世・ブルグント伯のオットー1世(ブルゴーニュ伯のオトン1世)・コンラート2世・ヴィルヘルムの末弟。

概要編集

はじめは、聖職に就いて、ヴュルツブルク司教となっていたが、1191年に還俗して、兄のハインリヒ6世のイタリアのシチリア王国遠征に従軍した。1196年にシュヴァーベン公になり、1197年に東ローマ皇帝のイサキオス・アンゲロス2世の娘でシチリア王のルッジェーロ3世の妃であったイレーネー・アンゲリナと結婚した。

1197年に兄が死去すると、その遺児である甥のフリートリヒ2世の後見役となったが、ヴェルフェン家オットー4世が帝位を主張して、ローマ教皇もこれを支持したため、幼君であるフリートリヒ2世では対抗できないと見たホーエンシュタウフェン朝派のドイツ諸侯は、1198年にフィーリプをドイツ王に推戴した。

その後、ローマ教皇のインノケンティウス3世が推すオットー4世とフランス王のフィリップ2世の支持を受けたフィーリプとの抗争は続いたが、1204年から形勢はフィーリプ側の有利となり、1207年にはほぼフィーリプが勝利を収めつつあった。この形勢を観てインノケンティウス3世はオットーあ世の支援から手を引いて、フィーリプの破門を解いてドイツ王として承認した上で、ローマで皇帝として戴冠する約束をした[1]

しかし、1208年にフィーリプは娘のベアトリスをオットー4世に嫁がせた結婚問題から、ヴィッテルスバハ家のバイエルン宮中伯のオットー8世の恨みを買って暗殺された。享年31。このため、神聖ローマ皇帝にはオットー4世が就くことになった。

家族 編集

イレーネーとの間には4人の娘を儲けた。

  1. ベアトリス(1198年 - 1212年) : 神聖ローマ皇帝のオットー4世に嫁ぐ。
  2. クニグンデ(1200年 - 1248年) : ボヘミアヴァーツラフ1世に嫁ぐ。
  3. マリ-(1201年 - 1235年) : ブラバント公のハインリヒ2世に嫁ぐ。
  4. エリーザベト(1203年 - 1235年) : カスティーリャ王のフェルナンド3世に嫁ぐ。

脚注 編集

  1. 『皇帝フリードリヒ二世』(エルンスト・カントロヴィチ(小林公翻訳)/中央公論新社/2011年)63頁。

関連項目編集

先代:
ハインリヒ6世
ドイツ王(神聖ローマ皇帝)
1198年 - 1208年
次代:
オットー4世
先代:
コンラート2世
シュヴァーベン公
1196年 - 1208年
次代:
オットー4世