FANDOM


Baumkuchen

丹精を込めて作られたバウムクーヘン

BaumkuchenII

オーソドックスなバウムクーヘン

バウムクーヘン独語:Baumkuchen)とは、ドイツ語圏諸国およびポーランドチェコスロヴァキアスロヴェニアハンガリールーマニアバルト三国(リトアニアラトビアエストニア)などで生まれたドーナツ型で断面に樹木の年輪のような同心円状の模様が浮き出たケーキである。意味は(バウム)とケーキ(クーヘン)を合わせたものである。

日本語では一般的に英語の影響を受けた「バームクーヘン」または「バオムクーケン」と呼ばれ、また、フランス語では、「ボームキューシェン」[1]と呼ばれる。

概要編集

Baumkuchen Meister

バウムクーヘンに心を込めて作るドイツ人の職人おぢさん

「バウムクーヘン」のドイツ各地域の呼称として、低地ドイツ語オランダ語ではBoomkoken(ボームコーケン)またはBoomkauken(ボームカウケン))表記で、高地ドイツ語のうち中部ドイツ語(中央ドイツ語)は「バォゥムクーヒェン」[2]上部ドイツ語(南部ドイツ語)のうちフランケン語は「バォゥムクーキェン」または「バォゥムクーケン」、アレマン語は「ブームクエーキェ」(Baumkuäche)、バイエルン語は「ボウムクーフン」または「ボームクーフン」(Bååmkuchn)などと、表記される。

バウムクーヘンの由来および起源は、ポーランド語では「センカチュ」(Sękacz)、リトアニア語では「シャコティス」(Šakotis)とよばれ、ポーランド・リトアニア連合王国時代の東欧諸国のケーキとして誕生して、ドイツ語圏をはじめとする欧州各国に広まり、フランスまで伝来してフランス語の「ギャトー・ア・ラ・ブロシュ」(Gâteau A La Broche[3])となった説や、あるいは古代ギリシアのオベリウス(Oberius)という木の棒にパン生地を巻きつけ焼いたものとされる説など幾多かある。

実際のバウムクーヘンの発祥地は、ドイツの東部のザクセン=アンハルト州およびザクセン州トューリンゲン州などが有名で、それぞれ元祖・本家をめぐって競争を起こしている。

日本では、第1次世界大戦で、中国の青島[4]で日本軍が捕虜にしたドイツ帝国(ブランデンブルク=プロイセン帝国)の捕虜を広島県安芸郡江田島町(現在の江田島市)にある収容所に送り、ここで優遇&交流したことから日本にバウムクーヘンを紹介したことから始まるという。

特に捕虜の中で、カール・ヨーゼフ・ヴィルヘルム・ユーハイム(Karl Joseph Wilhelm Juchheim[5])という人が、日本人の親切さに感激し、神戸で日本最古のバウムクーヘン 老舗店の「ユーハイム」を創始したことから普及した。

現在では、日本でも嗜好品として愛用されているケーキでもある。

各国のバウムクーヘンの名称編集

  • オーストリア : プルューゲルクラプフェン(Prügelkrapfen) ※ 現地語はプルューゲルクロプフン(Prügelkråpfn)
  • ルクセンブルク : バームクーフ(Baamkuch)と呼ばれ、結婚式などの特別なときに食べられる伝統的な食品。
  • スウェーデン : スペッテカカ(Spettekaka)
  • スロヴァキア : トゥルデルニーク(Trdelník)と呼ばれ、筒に巻きつけて焼くもの。
  • ハンガリー : ※ 現地語はキュルテーシュカラーチュ(Kürtőskalács)で、芯を用いて作るケーキ。日本語では「クルトシュカラーチ」とも呼ばれる。
  • ポーランド : 地域特有のシャコティスであるセンカチュ(Sękacz)。
  • リトアニア : 同じくシャコティス(Šakotis)がある。

脚注編集

  1. あるいは、ボゥムキューシェンボォムキューシェンとも発音される場合がある。
  2. ただし、ライン川付近の西中部ドイツ語に属するヘッセン語ラインラント=プファルツ語では、従来の「バウムクーヘン」と発音される。
  3. 日本語では、「ガトー・ア・ラ・ブロッシュ」と呼ばれる。
  4. 当時の青島はドイツの植民地であり、中国で有名な「青島ビール」もドイツ人資産家が創業して、中国でビールを普及させたものである。
  5. 正確には「カール・ヨーゼフ・ヴィルヘルム・ユー“”ハイム」と、発音される。