FANDOM


HeinrichIV

対立するドイツ諸侯を討伐するために部下を率いて険しい山麓を越えるハインリヒ4世

ハインリヒ4世独語:Heinrich IV、1050年11月11日 - 1106年8月7日)は、中世ドイツザーリアー朝フランケン朝)の3代目の神聖ローマ皇帝(在位:1056年 - 1105年)。同時にフランケン公(在位:1056年 - 1076年)、バイエルン公(在位:1077年 - 1096年)でもあった。はじめはコンラートだったが、後にハインリヒに改名した。

ハインリヒ3世黒王の子。弟にバイエルン公のコンラート5世(幼童公・小児公)がいる。

概要編集

北ドイツのゴスラーに生まれた。1056年に父が40歳で急逝し、わずか7歳で父の後を継いだ。しかし、幼いために生母のアークネス[1]の摂政を受けて、ハインリヒが幼いと侮るドイツ諸侯から受けた屈辱に耐えた。1062年夏、ハインリヒが13歳のときに、母のアークネスがケルン大司教のアンノに帝国統治を共同するために、アンノはハインリヒをケルンに呼び寄せた。しかし、たくらみを知ったハインリヒは激しい濁流であるライン川に飛び込んで逃げようとしたが、溺れかけたのでアンノの配下に救助されて、結局はケルンに幽閉された。

その後、アンノが失脚して、「髭の殿様」ことイタリア貴族のゴッドフレードとブレーメン司教のアダルベルトの摂政を受け、国政から身を引いた母のアークネスとともに各地を転々としながら成長した。後にゴッドフレードが逝去し、アダルベルトを失脚させてようやくハインリヒは1065年から親政した。

ハインリヒは亡父の念願だったローマ教皇が統治するイタリアの征服を帝国強化のための政策を実施したため、ローマ教皇のイルデブランド[2]ことグレゴリウス7世と対立した。

しかし、従祖父でもあり後見役だったローマ教皇のヴィクトーア2世[3]が逝去すると、ザーリアー朝を目の敵とするグレゴリウス7世としてローマ教皇になったグレゴリウスは彼のイタリア支配を阻み、1076年にハインリヒを破門した。そのため、ハインリヒはフランケン地方の南西部にあるシュパイアーガウ(現在のシュパイアー)の居城で数ヶ月間、ワインを痛飲しながら逼塞生活を続けた。

さらにドイツ国内でもハインリヒの義兄(姉婿)のラインフェルト家であるシュヴァーベン公のルドルフとルクセンブルク家のヘルマン対立王とザクセン貴族たちがグレゴリウス7世(イルデブランド)と結託するなどの不穏の動きが出たため、1077年1月、窮地に陥った28歳のハインリヒ4世は妻のベルタ(サヴォイア伯・オッドーネの娘)と4歳になる次男のコンラート6世(長男のハインリヒ5世は夭折)を連れて、自ら北イタリアのカノッサに赴いた。当地で、トスカーナ女伯のマチルデの仲介を経て、グレゴリウス7世に跪き、破門を解かれた。解かれるまで1月25日から3日間もかかったという。これが有名な『カノッサの屈辱』である。

やがて、窮地を脱し勢力を盛り返したハインリヒは、1083年に準備を整えて反撃に出た。まずは義兄(姉婿)のシュヴァーベン公のルドルフ(ラインフェルト家)とヘルマン(ルクセンブルク家)ら対立王とザクセン貴族たちの軍勢を蹴散らし、これに驚愕したグレゴリウス7世は間もなく、ハインリヒによってローマを包囲されたが、辛うじてイタリア南部のサレルノに逃亡しするも、当地でさみしく客死した。この結果として、ハインリヒ自身は父・ハインリヒ3世黒王、遠祖のカール1世大帝に劣らない、神聖ローマ帝国の「覇王」であった。

1103年に絶頂だったハインリヒは、ドイツ初の『帝国平和令』(ラント平和令)を発布させた。

しかし、1098年に次男のドイツ王・コンラート6世(共治王)が1095年に子を産まない理由で一方的に離縁されて恨みを抱いた父の後妻&継母でもあるキエフ公国の公女・プラセーデ[4]はローマ教皇の後盾を得て、かつてバイエルンを与えたザーリアーの与党だったヴェルフェン=エステ家のバイエルン公のヴェルフ2世肥満公ハインリヒ1世黒公[5]兄弟と手を組んで、反乱を起こし父・ハインリヒ4世の退位を迫って攻撃した。そのため、このため皇帝派=ギベリン(Gibellin)と教皇派=ゲルフ(Gelf)の対立とも呼ばれた。

この報に激怒したハインリヒは軍勢を率いて、これを壊滅してわが子・コンラート6世を廃嫡し、幽閉した[6]。また、プラセーデを生家のキエフ公国に強制帰還させ、三男で末子のハインリヒ5世ハインリヒ6世)をドイツ王とした。だが、1105年、このハインリヒ5世も廃嫡された兄と同様に、再びヴェルフェン=エステ家のヴェルフ2世肥満公・ハインリヒ1世黒公兄弟と組んで反乱を起こして、父のハインリヒを捕らえて、これを幽閉した。

次男と三男の相次ぐ親不孝ぶりにショック&大打撃を受けて憔悴したハインリヒ4世は1106年8月7日に57歳で逝去した。

家族編集

Gang nach Canossa

北イタリアのカノッサで屈辱を受けるハインリヒ4世

サヴォイア伯であるオッドーネの娘・ベルタ(1051年 - 1087年、モーリッツのベルタとも)との間に3男2女を儲けた。

  • アーデルハイト(1070年 - 1079年7月4日)
  • ハインリヒ5世(1071年8月1日または2日 - 1072年8月1日)
  • アークネス(1072年夏または1073年初頭 - 1143年9月24日) : ホーエンシュタウフェン(シュタウファー)家のフリートリヒ2世に嫁ぎ、フリートリヒ3世独眼公[7]コンラート3世・ゲルトルート[8]らを産んだ、後にオーストリア辺境伯・レオポルト3世(バーベンベルク家)と再婚
  • コンラート6世コンラート2世、1074年 - 1101年) : 下ロートリンゲン公、ドイツ共治王、1095年にシチリアのコンスタンツェ[9]と結婚
  • ハインリヒ5世ハインリヒ6世、1086年 - 1125年) : ドイツ王、神聖ローマ皇帝、マツィルダ[10]と結婚

脚注編集

  1. アグネス」とも呼ばれる。フランスのポワトゥー=シャラントの公爵の娘。
  2. ドイツ語はヒルデブラント。
  3. ケルンテン公のコンラート2世の次男でヴェルツブルク大司教・ブルーノ2世。
  4. エウプラシア・プラクセディス・キエフのアーデルハイト
  5. ハインリヒ3世獅子公の祖父。
  6. 1101年にコンラート6世は嗣子がないまま29歳で逝去した。
  7. フリートリヒ1世赤髭王(ババロッサ)の父。
  8. ロートリンゲン公・ヘルマン夫人。
  9. シチリア伯・ルッジェーロ1世(ノルマン系・アルタヴィッラ=オートヴィル家)の娘。
  10. ノルマン・イングランド王のヘンレィ1世(ノルマンディー家)の娘。

関連項目編集

先代:
ハインリヒ3世(黒王)
ドイツ王(ローマ王)
1056年 - 1105年
次代:
ハインリヒ5世
先代:
ヴェルフ1世
バイエルン公
1077年 - 1096年
次代:
ヴェルフ1世