FANDOM


はるき悦巳

はるき悦巳の自画像

はるき 悦巳(はるき えつみ、1947年5月28日 - )は、日本漫画家。投稿時のペンネームは「春木 悦巳[1]」で、本名は周りに知られたくないので非公開である[2]。血液型は不明[3]

代表作は『じゃりン子チエ』で、尊敬&影響を受けた漫画家は水木しげるつげ義春白土三平横山光輝[4]などである。本人は人情漫画を得意とする。

概要編集

父親は徳島県あるいは愛媛県出身、母親は福岡県の筑豊地方出身であり[5]、本人は大阪府大阪市西成区西萩町[6]出身である。

中学1年のときに同市住吉区に転居し、私立浪速高等学校を経て、上京して多摩美術大学美術学部油絵科を卒業した。

大学卒業後、大阪には帰郷せずに、そのまま東京都世田谷区に暮らした。同時に父親が亡くなっている。亡父の葬儀の後に迷い込んだ野良猫がまるで父代わりのように家に居着いてしまい、自分の居場所がいつの間にかなくなっていたという[7]

はるき自身はあまり就職活動に意欲的ではなく、漠然として漫画家を目指す前にはアルバイトで食いつないでおり、気ままに1ヶ月働いたり、辞職して1ヶ月は働かずにブラブラして過ごす、というような自堕落な生活をしていた。数年後に大学時代の同級生の女性と恋愛して婚約したためにようやく定職につき、マネキン屋でマネキン人形に目や唇を描きこむ仕事を1年ほどしてから結婚した。しかし、はるき自身は就労に意欲的ではなく、妻の両親に対する世間体のための就職だったため、結婚後半年ほどして退職している。結果的にはるきのサラリーマン生活はこの1年半ほどの間だけだった。その後も相変わらず漠然と漫画家を目指すためにその場しのぎのアルバイト稼業が続き、年収100万円ほどで生活していた。

30歳前後から気ままに漫画を描いて出版社に持ち込み始め、1978年、31歳のときに『平凡パンチOh!』(平凡出版[8])で『政・トラぶっとん音頭』で漫画家デビューした。同年9月28日に、『週刊漫画アクション』で代表作の『じゃりン子チエ』を読切として掲載した。これがヒットして好評を得て、当初は第4話までの短期連載として掲載したが、その後は12話まで短期集中連載された。またこれが大ヒットしたので、1979年3月に第2部で正式に週刊連載となった。以降は、1997年までの19年間も連載が続いた。

はるきは『じゃりン子チエ』の爆発的人気で多忙だった1980年6月25日に長男が誕生した。当時は「気がついたら、家に赤ん坊がおった」というような、多忙な状況だった[9]。当時のはるきは『じゃりン子チエ』や『どらン猫小鉄』の連載と平行して、月刊雑誌の『ビッグコミックスピリッツ』の創刊号から連載していた『ガチャバイ』が、雑誌の隔週刊化に伴いスケジュールが行き詰り、はるき自身がパニックを起こす状態となり、1982年に中断[10]するなど、当時住んでいた東京の喧騒に嫌気がさしたため、1983年に家族とともに兵庫県西宮市へ転居した[11]。しばらくして、世田谷区に住んでいたときから飼っていた黒猫の「チビ」が亡くなった。

1997年8月5日、19年間も長期連載した代表作の『じゃりン子チエ』が第67部11話をもって終了した。同作品が突然の形で連載を終了したのは、はるきの年老いた母親の介護問題が深刻化したためである[12]

その後は、介護したはるきの母親の状況が芳しくなく、はるき自身も鬱状態となり、気分次第で読切を掲載したりしていた。その後母親が亡くなり、落ち込んでしまったが、『漫画アクション』の担当編集者の励みもあり、本人が「もう人間は描きとうない。猫を主人公とするのなら描いてもええわ…」という条件で、『じゃりン子チエ』に登場した小鉄とアントニオJr.を主人公とした『帰って来たどらン猫シリーズ』を現在にいたるまで、気ままに描いている[12]

人物・作風編集

はるき自身は「自分は生来の怠け者で、面倒くさいことはいやだ」というのが持論。趣味は洋楽やジャズ鑑賞や映画鑑賞や小説を読むことで、そのほかにあまりお金の使い道がないという。いわゆるヘビースモーカーでタバコは一日に何箱も吸うほどであるが、酒はまったく飲めず下戸であるが、コーヒーを飲むのは大好きである。パソコンを使わないためインターネットにうとく、携帯電話も苦手である[12]

学生時代から「ベニヤ板3枚分」もあるような大きな絵を専門に描いており、置く場所がないため展覧会に出品してもそのまま預けっぱなしで取りに行かなかったという。そのような状況だったため、絵を縮小することばかり考えていて結局30歳前後で漫画に落ち着いたという。

同時に出不精のために、年賀状を出すのも面倒くさがる性格であり[13]、気分の浮き沈みが激しいのがはるきの特徴である。その反面、過去にテレビ出演したことがあり、近年はメディアを避けるはるきであるが周囲の評はハンサムで、根がお喋り好きな人物像のようである[14]

はるきの作風としては主に人情物語を得意とする。新人のときに原作つきの仕事をしたこともあるが、自分の知っているところを描きたい、自分で話が作りたいと考えており、その後は作画のみの作品はない。

前述のつげ義春を深く尊敬し、特に初期の頃につげ義春の影響が濃厚に出ていた。同時にアシスタント経験はなく、すべて独学であるため、スクリーントーンを使用しないなどの特徴がある[15]

また、はるきは「アシスタント? 一人もおまへん。嫁はんに手伝うてもろうてるけど、(俺は)ほんまに全部一人でやりたいんよ」[16]と述べていたが、その後「嫁はんに息子ができてから、(嫁はんが)俺の手伝いがでけへんようなった」[17]と述べたために、止むなく『漫画アクション』でアシスタント募集を出すようになった[18]

また『じゃりン子チエ』に登場する「小林マサル」ははるき自身で、その相棒のタカシはアシスタントのいわしげ孝[19]がモデルである。「俺にはマサルの気持ちがようわかるんですよ。まさにその嫌味なキャラは俺自身ですわ」と若いころに心情を述べている[20]

さらにアシスタントだった亡きいわしげの回顧によると、1980年代のはるきは多忙に極めており、担当編集者が柔和な顔で怒りを堪えるほど〆切に迫っている殺伐とした状態であったという。同時にいわしげは、はるきの意向で『ガチャバイ』の作業には携わっていない[21]

受賞歴編集

  • 1977年12月 : 『政・トラぶっとん音頭』(第1回平凡パンチ劇画賞佳作)
  • 1981年3月 : 『じゃりン子チエ』(第26回小学館漫画賞成人コミック部門入選)

アシスタント編集

作品編集

連載作品編集

  • 舌町物語 : (原作:荘久一)『漫画アクション』(1978年6月 - 8月)
  • じゃりン子チエ : 『漫画アクション』(1978年 - 1997年)
  • 日の出食堂の青春 : 『カスタムコミック』(1979年 - 1980年)
  • ガチャバイ : 『ビッグコミックスピリッツ』(1980年 - 1982年(一時中断))、『ビッグコミック』(1998年(再開))
  • どらン猫小鉄 : 『月刊アクションヒーロー』(1981年 - 1983年) 
  • 帰って来たどらン猫シリーズ : 『双葉社Webマガジン』 → 『WEBコミックアクション』(2001年 - )

読切作品編集

  • 政・トラぶっとん音頭 : 『平凡パンチOh!』(1978年3月号)
  • 伝説 : 『マンガ少年』(1978年6月号)
  • ドンチャンえれじい : 『平凡パンチ』(1978年8月7日/14日合併号)
  • 巨人窟 : 『漫画アクション』(1979年8月4日増刊号)
  • 右向け右! : 『少年ビッグコミック』(1979年12月11日号)
  • 力道山がやってきた : 『ビッグコミック』(1980年3月10日号)
  • おふくろの味 : 『カスタムコミック』1981年5月号
  • オッペラ甚太(前編・後編) : 『ビッグコミック』(1993年1月25日号、2月10日号)
  • 西の幸福 : 『ビッグコミック』(1997年1月25日号)
  • 夏の虫 : 『ビッグコミック』(1997年12月10日号)
  • すがすがしい1日 : 『ビッグコミック』(1998年2月25日号)
  • エンゼル 〜ある失踪と帰還〜 : 『WEEKLY漫画アクション』(1999年10月12日号)

単行本編集

  • 舌町物語 : 双葉社
  • じゃりン子チエ[22] : (全67巻)双葉社、1979年 - 1997年
  • 日の出食堂の青春[23] : 日本文芸社、1981年
    • 日の出食堂の青春(新装版) : 双葉社、2010年
  • どらン猫小鉄 : 双葉社、1984年
  • じゃりン子チエ番外編 - どらン猫小鉄奮戦記 : 双葉社、1988年
    • じゃりン子チエ番外編(新装版) - どらン猫小鉄奮戦記 : 双葉社、1997年
  • ガチャバイ : (上巻・下巻)小学館、1998年 - 1999年
  • 帰って来たどらン猫 : 双葉社、2003年
  • 帰って来たどらン猫2 : (上巻・下巻)双葉社、2006年
  • 力道山がやって来た - はるき悦巳短編全集 : 小学館、2010年

脚注編集

  1. 1977年にデビュー作『政・トラぶっとん音頭』が第1回平凡劇画賞で佳作入選してその賞状が贈られたとき、名前が「青木悦巳」と誤記されたため、以降ははるき悦巳をペンネームとした(『力道山がやって来た - はるき悦巳短編全集』あとがきより)。
  2. はるきの母校の文化祭では、はるきの本名とされる「市村 敏(いちむら・まさる)」(『じゃりン子チエ』に登場する小林マサルの由来は、ここから来ている)と記されている写真が展示されている(『なにわのび太の日記』より)。
  3. おそらくO型以外と推測される(A型かB型かAB型)。
  4. 『伝説』(1978年発表)で、横山の影響が若干見られる。
  5. 『どらン猫小鉄』にて、そのニュアンスを表現している。
  6. 現在の花園北2丁目付近で、『じゃりン子チエ』の舞台の中心でもある。
  7. この逸話は『ドンチャンえれじい』にてアレンジして、描かれている。
  8. 現在のマガジンハウス。
  9. 『朝日ジャーナル』1980年8月8日号より。
  10. 1998年に『ビッグコミック』で、再開して完結させた。
  11. 左方郁子著『「じゃりン子チエ」の猫』(『思想の科学』1985年9月号)より。
  12. 12.0 12.1 12.2 『帰って来たどらン猫シリーズ』と『力道山がやって来た - はるき悦巳短編全集』のあとがきより。
  13. 親交がある漫画原作者の小池一夫は「はるき悦巳は偉大な「怠け者」である。僕が出した年賀状の返事が20日過ぎてから来たのだから、大したものであり、その「哀しみ」がはるき悦巳の原点なのだろう」と述べている(『じゃりン子チエ』1巻のあとがきより)。
  14. 『力道山がやって来た - はるき悦巳短編全集』のあとがきより。
  15. ただし、『日の出食堂の青春』では一部のみスクリーントーンを使用している。
  16. 『週刊文春』1980年6月12日号より。
  17. 「まんが家48人インタビュウ」(『FUSION PRODUCT』創刊号、1981年7月)より。
  18. それを応募したのが、さかもと瓢作・山本貴嗣らである。
  19. いわしげは『ビッグコミック』で掲載した縁ではるきのアシスタントとなった。2013年3月6日に58歳で病没した。
  20. 同時に『ガチャバイ』の主人公の「梶沼咲」もはるき自身がモデルという。
  21. 『ガチャバイ』下巻のいわしげのあとがきより。
  22. 『じゃりン子チエ』は大阪の下町を中心とした人情漫画として全国的な人気を集め、映画とテレビでアニメ化され、舞台化にもされた。
  23. 大阪を舞台とした作品で、1982年9月に熊谷真実と太川陽介主演でNHKの『銀河テレビ小説』にてドラマ化された(全20回)。

関連項目編集

関連リンク編集