FANDOM



かがみあきら

かがみあきらの自画像

かがみ あきら(1957年10月22日 - 1984年8月8日)は、日本漫画家。本名は鏡味 晃。他のペンネームとしては、「かがみ♪あきら」をはじめ、「あぽ」および「山田栄子」などがあった。

同世代のまつもと泉とともに80年代のアニメ的なものと漫画的なものの融合を確立した。

概要 編集

愛知県名古屋市出身。市立名古屋商業高等学校を経て、埼玉県草加市に住居をしながら獨協大学法学部を卒業した。

1979年1月に、投稿作品を少女漫画雑誌の『ぶ〜け』(集英社)に投稿した。

翌1981年2月に、編集者の紹介で、『石森プロ』に入社して、石ノ森章太郎のアシスタントになった。これが契機となって、メカニック・デザイナーの出渕裕を始め、アニメ・漫画業界の関係者などと交流をした。

1982年に、『クラリスメモリー未来編』(ラポート・デラックス5 カリオストロの城大事典)のイラストで商業デビューした。なお、実質上の商業デビューはその前の『戦闘メカ ザブングル曲解大辞典』(アニメック)の内カットであった。同年12月に、連載の決定に伴って『石森プロ』を退社した。

1983年に、初の連載作品の『ワンダートレック』(コペル21)を連載開始した。それと前後して、各誌に漫画やイラストなどを発表した。

1984年8月1日[1]に、「あぽ」名義の単行本の『ワインカラー物語』(白夜書房)が刊行された。これがかがみの生前に発行された最後の単行本となる。同月5日ごろに体調を崩し、8日ごろに意識を失くし、9日午後に、マンションの自室で亡くなっているのが発見された。享年26[2]

かがみ亡き後の翌1985年に、『さよならカーマイン』(ラポート)が刊行された。表題作の他に、初期作品の『故郷を求めて』・『クラリスメモリー未来編』・未完作品である連載『はいぱぁ あくてぃぶ』などが収録された。

1985年~1986年にかけて、遺作集『かがみあきらコレクション』・『かがみあきらコレクション2』が同人誌として刊行されている[3]

1994年に、没後10年を記念して、かがみを尊敬していたうたたねひろゆきらによる追悼本の『かがみのくに』が頒布された。

2004年12月に、『ワインカラー物語 - かがみあきら選集』(角川書店)が刊行された。

かがみあきらの訃報

かがみあきらの訃報の自画像

人物像 編集

かがみは、1980年代前半に精力的に活動しコアな人気を得ていた漫画家であるが、早世したこともあり、職業漫画家としての実働期間はわずか2年半足らずであった。

本名をかな表記した「かがみあきら」で「SF」系作品を発表する一方、“弟”というふれこみで別人を装って「あぽ」の筆名を併用しつつ、『漫画ブリッコ』・『プチアップルパイ』などの雑誌でも活躍し、当時の「美少女ロリコンエロ漫画」ブームの中で異彩を放つ作品を執筆していた。ただし、どちらの名義においても、現在で言う「アダルト漫画」に相当する作品は発表していない。

漫画化として一本立ちする前には『石森プロ』に籍を置いたことがあり、『スタジオぬえ』でメカデザインも担当した。出渕裕ゆうきまさみ美樹本晴彦などとも親交があった。単行本『さよならカーマイン』に掲載された解説によれば、『超時空要塞マクロス』や『日本サンライズ』のアニメ作品などに携わっている。また掲載のインタビュー記事では富野由悠季が、かがみあきらを評価していた旨のコメントをしている。

前述のように、かがみが1984年8月8日ごろに26歳の若さで急逝したため、『漫画ブリッコ』1984年10月号に編集長の大塚英志の追悼コメントが掲載されており、これによれば、かがみが東京都新宿区高田馬場のマンションの自室で死後2日経過して発見されたとあり、つまりは現在で言うところの孤独死である。このこともあって、かがみの死因には諸説があり、やって来る仕事をほとんど断らなかった事が後の災いとなった過労死とも、眠気覚ましのためにシャワーを浴びたが体を拭かずに冷房を掛けたままの部屋で居眠りしてしまった事が原因での凍死とも言われるが、いずれにしてもかかみの死因は過労によるオーバーワークの状態で体調を崩していたとされる[4]。「あぽ」名義の日記漫画『月刊あぽすとろふぃ』最終話でも、「仕事がないと不安なので、つい力んでしまう…」と記している。なお、亡くなった年の6月30日の時点で体調の悪さを友人である作家の佐野邦彦に伝えていた。

かがみ個人はビデオやオーディオ機器に強い興味を抱いていた。洋楽…特にロックなどに造詣が深く、『Yes(イエス)』大のファンでもあった。そのため、後期の作品群にはキャラクターの衣服や背景の一部などに「Yes Lonely heart」の書き込みがなされていた。『はいぱぁ あくてぃぶ』第2回の扉絵は『Yes』のアルバムの『究極』のジャケットが元になっている。他に『レディ・キッド&ベヴィボウイ』の主人公・ボウイの自称がデヴィッドだったりと(つまり併せて「デヴィッド・ボウイ」)、洋楽ネタをマルチに披露している。かがみの早世をを報じた『漫画ブリッコ』1984年10月号に掲載されたエッセイ漫画『月刊あぽすとろふぃ』でも、多忙の中でテクノロック[5]ハウァード・ジャォーンズのコンサートを観覧したことが描かれている。

また、当時にゆうきや出渕裕らと同様に原田知世のファンでもあった[6]

作品 編集

2011年現在、かがみあきら(あぽ)の単行本は、『ワインカラー物語 - かがみあきら選集』(角川書店)を除き、絶版・入手困難となっている。以下は主な作品の参考リストである。

単行本 編集

  • 『鏡の国のリトル』(徳間書店/1984年2月25日)
  • 『美少女同人誌スーパーアンソロジー(オムニバス)』(白夜書房/1984年4月1日)
  • 『ワインカラー物語(あぽ名義)』(白夜書房/1984年8月1日)
  • 『レディ・キッド&ベヴィボウイ・かがみあきら複製原画集』(笠倉出版社/1984年12月31日)
  • 『サマースキャンダル』(徳間書店/1985年1月10日)
  • 『レディ・キッド&ベヴィボウイ』(笠倉出版社/1985年4月15日)
  • 『さよならカーマイン 』(ラポート/1985年7月1日)
  • 『ワンダートレック』(ラポート/1986年6月1日)
  • 『ワインカラー物語 - かがみあきら選集』(角川書店/2004年12月)

個別作品 編集

  • 『クラリスメモリー未来編』(ラポート・デラックス5 カリオストロの城大辞典/1982年) : デビュー作品。
  • 『ワンダートレック』(コペル21/1983年) : 初連載作品。
  • 『ワインカラー物語』(漫画ブリッコ/1983年) : あぽ名義。
  • 『はいぱぁ あくてぃぶ』(アニメック/1984年7月 - 9月) : 9月号で未完のまま終了[7]
  • 『薔薇の冠 銀の庭』(コバルト文庫/1984年) : 久美沙織のライトノベル。表紙イラスト&挿絵を担当。
  • 『ときめき アクシデント』(マクロスガイドブック/1984年) : 小学館コロタン文庫(No100)に掲載[8]
  • 『月刊あぽすとろふぃ』(漫画ブリッコ/1984年) : 「あぽ」名義。日記漫画あるいはエッセイ漫画。10月号に結果的に最終回となった作品が掲載され、同号でかがみの死去が報告された。

師匠 編集

アシスタント 編集

  • 増田晴彦
  • 田中雅人

脚注 編集

  1. 奥付の記述より。
  2. 戒名は「鏡誉晃彩紫雲居士」。
  3. 編集・発行は青柳誠。
  4. かがみの大ファンだったかわすみひろしのコメントによると、「自律神経失調症で暑がりなため、水風呂に入って、そのあと扇風機を回しながら寝てしまい、心不全か何かを起こしたのではないか?」とコメントしている(『かわすみひろし本舗』より)。
  5. デジタルロック(Digital Rock)とも呼ばれる。
  6. 単行本『さよならカーマイン』頁171を参照。
  7. 連載第2回目は『HIPER ACTIVE』、第3回目は『ハイパー アクティヴ』と表記している。
  8. 本来は題名の「ときめき」と「アクシデント」の間にハートマークが入る。後の『ワンダートレック』(ラポート)再掲載では『ときめきのアクシデント』と改題された。

関連人物 編集

  • まつもと泉 : かがみと同世代で、ともに80年代のアニメ的なものと漫画的なものの融合を確立した。
  • かわすみひろし : 同郷の先輩漫画家のかがみ(同時に上記のまつもと泉も含む)の影響を濃厚に受けた。
  • ダリル・ホール : かがみの好きな洋楽のミュージシャン。